性病と性感染症(旧:性行為感染症)

性病とは、もともと性病予防法により規定された細菌が原因の「梅毒」「淋菌感染症」「軟性下疳」「鼠径リンパ肉芽腫」の4つの病気のことをいいます。

しかし性病予防法が廃止され、細菌感染の性病と、ウイルス感染による性病をまとめて性感染症と総称されるようになりました。
STD(Sexually Transmitted Diserse)や、感染している状態を表す「STI」などの専門用語も使われています。

性病
梅毒・淋菌感染症・軟性下疳・鼠径リンパ肉芽腫、の細菌による発病のこと

性感染症
性行為が原因の、細菌・原虫・ウイルスによる感染や発病のこと
梅毒・淋菌感染症・軟性下疳・鼠径リンパ肉芽腫・性器クラミジア感染症・性器カンジダ症・膣トリコモナス症・HIV感染症(エイズ)・B型肝炎・C型肝炎・性器ヘルペス・コンジローマ・ケジラミ・性器伝染性軟属腫

※当サイトでは、わかりやすい表記にするため「性病」という表現を使っています。


性感染症検査セット
自宅で出来る性病検査


性病の検査で病院へ行くのは恥ずかしいかもしれません。
でも悩んでいる間に症状が進んでしまうことも考えられます。
今は自宅で簡単に性病検査ができる検査キッドも販売されているのをご存知でしょうか
。 もちろん匿名での検査も可能。
ひとりで悩まず、まずは検査キッドを利用してみてはどうでしょう。

自宅で出来る性病検査
性病検査3つの安心
・2日で検査結果が出る、クイックレスポンス!
・SDA法(遺伝子検査)核酸増幅法による精度の高い性病検査!(自社ラボ)
・10年の実績を持つ横浜市衛生検査所です!



検査キッドの結果が陽性だった場合、
男性の場合は性病科・泌尿器科、女性は婦人科を早めに受診しましょう。
性病(性感染症)全般に共通して言えることですが、薬局などで売っている合成抗菌剤では、淋菌感染症は治らないことが多いようです。


コメント

現在、この記事へのコメントは受け付けていません。

ページの先頭へ